iライン脱毛のリスク:傷がつく可能性

iライン脱毛は、場所が場所だけに恥ずかしくて自分で処理する人や、若い年齢だと脱毛サロンに通わない人もいます。
しかし自己処理は間違ったやり方をすると肌に傷がつくリスクがあり、回復するのに時間がかかります。
傷口から感染症を起こすこともあるのです。
iラインを自己処理をする場合、かみそりを多く使うことが多いようです。
広範囲が楽にそることができますが、直接刃を当てることになりますので肌を傷つけてしまい、リスクを伴います。
毛抜きの場合では毛根を痛め、炎症を起こしがちです。
クリームを使う場合、薬品を直接肌に塗るので肌荒れをしやすくなります。
除毛テープも刺激が強いので肌荒れや皮膚が厚くなる場合があります。
自分での処理は手軽に行えるメリットはありますが、リスクの事を考えるとお勧めできません。
やはりプロに任せることで、肌への負担を最小限に抑えた脱毛をすることができ、きれいなiラインにできます。
iラインをきれいに脱毛できたけれど肌がぼろぼろ…なんて本末転倒です。
リスクをよく考えた上で脱毛法を選ぶことです。
ワキ脱毛も導入としては最適です。ワキ脱毛効果調査隊~気になる料金・効果・回数・期間ランキングを参考にしてみてくださいね。

コメント

No comments yet.

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする